受験シーズン、卒業シーズン

キユーピー様のホームページ・「キューピーキッズ」にて、毎月「おりがみキユーピー」という作品を発表しています。この折紙作品は、キユーピーちゃんに、いろいろな衣装を着せて遊べるものです。
キユーピー様は食育活動を推進しているので、「おりがみキユーピー」では、毎月旬の野菜やお料理などの折紙作品も発表しています。
「おりがみキユーピー」は、以下のアドレスをクリックしてご覧ください。

 

http://kids.kewpie.co.jp/download/origami/

また、「おりがみキユーピー」の詳しい制作エピソードは、以下のアドレスでご覧ください。

 http://nishida-ryoko.blogdehp.ne.jp/article/14632387.html

 

合格に向けて、追込み勉強に励むキユーピーちゃん

 2月は受験シーズン。志望校合格のため、受験 勉強にいそしむキユーピーちゃん。いよかんは、「いい予感」に通じるので、この時期かかせない果物です!

 受験生.jpg


 折り紙作品  受験生キユーピー・お守り・問題集・いよかん

 

いよかん

柑橘類のいよかんは、かつて伊予の国(愛知県)でたくさん採れたことから、伊予かんと名がつけられたそうです。1〜2月が旬のいよかんは、現在でも国内収穫量の90%は愛知県となっています。いよかんは色鮮やかな濃いだいだい色で、甘くて香りがよいのが特徴です。香り豊かな皮を煮てマーマレードにしたり、シロップで砂糖漬けにしても、おいしくいただけます。いよかんにはビタミンCがたくさん含まれているので、寒い時期の風邪予防に効果的です。


いよかん.jpg

 

黒い学生服姿の、中学を卒業するキユーピーちゃん

3月は卒業シーズン。義務教育を終え、卒業証書をいただいたキユー ピーちゃんは、高校進学へと夢をふくらませます。


卒業 男の子.jpg

 
折り紙作品  卒業キユーピー・卒業証書・キャベツ・たけのこ


証書 .jpg
卒業証書

キャベツ

アブラナ科のキャベツは一年中出回っている、食卓に欠かせない野菜です。春 キャベツは4〜6月、夏秋キャベツは7〜10月、冬キャベツは11〜3月というのがおおよその旬で、中でも冬キャベツは甘みや風味がよく、加熱 してもくずれにくいのが特徴です。キャベツにはビタミンC・Kなどの他、ビタミンUやジアスターゼなども含まれています。キャベジンと呼ばれるビタミンUは、潰瘍の予防に効果があり、ジアスターゼには消化を助ける働きがあります。古代、キャベツは野菜としてより、胃腸の調子を整える薬草として使われていたということです。
現代では、その癖のない味や葉のやわらかさなどから、生で食べるのはもちろん、蒸す・炒める・煮るとさまざまな調理法の料理に使われる、非常に重宝な野菜となっています。

 キャベツ.jpg

たけのこ

イネ科タケ亜科の筍(たけのこ)の中で、一般に売られているものは、ほとんどが中国から入ってきた孟宗竹(もうそうちく)と呼ばれる種類です。
たけのこは3〜4月の春先、地面から芽がでているものを食用としますが、切って採った後に「えぐみ」が出ます。それが時間の経過とともに強くなっていくため、できるだけ早くゆでて「あく抜き」をする必要があります。採ってから一時間くらいのうちは、さっとゆでるだけで、焼いたり刺身にしたりしても、おいしくいただけるとのことです。たけのこには、各種ビタミンやカリウム、たんぱく質、食物繊維などが含まれています。たけのこの皮には防腐効果があるので、昔からおむすびを包むの に使われてきました。

 たけのこ.jpg

はかま姿がかわいい、女子大を卒業するキユーピーちゃん

はかま姿で卒業式を終えた、女子大生キユーピーちゃん。春からはいよいよ、社会人への一歩を踏み出します。

 

卒業 女の子.jpg 


折り紙作品  卒業キユーピー・卒業証書・セロリ


卒業証書.jpg
卒業証書


セロリ

淡色野菜のセロリは、古代ローマやギリシャでは、整腸剤や香料として使われていたそうです。17世紀ころから食用になったというセロリは、日本でも近年、洋食化が進んだため、食材として広く普及しています。セロリにはビタミンAの他に、免疫力を上げ抗酸化作用もあるカリウムが含まれています。また強い香りの元である、さっ
ぱりとした精油成分が、油っぽい料理の付け合せに適しています。精神を安定させる作用もあるセロリの精油は、サラダとして生で食べたり、スープに入れて煮たりと、肉料理の際のもう一品にもぴったりです。

セロリ.jpg 

 

 お正月のキユーピーちゃんはこちら→

冬のキユーピーちゃんはこちら→

春のキユーピーちゃんはこちら→

のキユーピーちゃんはこちら→

秋のキユーピーちゃんはこちら→

 

▲このページのトップに戻る