寒い冬 雪国の郷土食

キユーピー様のホームページ・「キューピーキッズ」にて、毎月「キユーピーちゃんのおりがみ」という作品を発表しています。この折紙作品は、キユーピーちゃんに、いろいろな衣装を着せて遊べるものです。
キユーピー様は食育活動を推進しているので、「キユーピーちゃんのおりがみ」では、毎月旬の野菜やお料理などの折紙作品も発表しています。
「キユーピーちゃんのおりがみ」は、以下のアドレスをクリックしてご覧ください。

 

http://kids.kewpie.co.jp/download/origami/

また、「キユーピーちゃんのおりがみ」の詳しい制作エピソードは、以下のアドレスでご覧ください。

 http://nishida-ryoko.blogdehp.ne.jp/article/14632387.html

秋田 きりたんぽ鍋(なべ)

秋田のなまはげキユーピーちゃんと、郷土料理のきりたんぽなべ、はたはたの折紙作品です。なまはげのお面は、キユーピーちゃんの顔にかぶせられ るように作りました。

 
なまはげ完成.jpg


 折り紙作品  なまはげキユーピー・はたはた・きりたんぽ鍋・包丁
 

なまはげお面.jpg
お面を付けた、なまはげキユーピー

namahage.jpg
なまはげ
http://www.pref.akita.jp/fpd/bunka/namahage.htm より

きりたんぽ
きりたんぽはご飯をつぶし、昔は杉の棒に巻き付け、囲炉裏などで焼いて作ったそうです。棒を抜き取ると、ちくわのように、中が空洞になった、おいしいきりたんぽの出来上がり。秋田の比内鶏(ひないどり)やねぎ、まいたけ、ごぼうなどを入れた、しょう ゆ味の鍋に、切ったきりたんぽを入れて煮こんだのが、きりたんぽ鍋です。一般には鶏がらのだし汁で、 酒・しょうゆ・塩で味をつけますが、味噌味のきりたんぽ鍋もあります。古くは、マタギの料理だっ たとも言われています。

 
kiritannponabe.jpg
きりたんぽ鍋
http://deli-aurora.net/recipe/100020/ より

きりたんぽ1.jpg
きりたんぽ
http://www.aishite-akita.com/?p=4495 より

ハタハタ
秋田県の県魚・ハタハタはカミナリウオともよばれますが、これは 11月のカミナリのなる頃取れるからと言われています。また、古語では、現在のカミナリの擬音ゴロゴロが、ハタハタとされたことにも由来しているようです。さらに 波が高い頃取れるため、波多波多からも命名されたそうです。焼いても煮ても干 してもおいしいハタハタからは、液状の調味料・「しょっつる」も作られます。しょっ つるで味付けした「しょっつる鍋」も、有名な秋田の郷土料理です。

hatahata.jpg
はたはた
http://www.shima7.com/kisetu/hata-donna.html より

青森 煎餅汁(せんべいじる)
青森の雪ん子キユーピーちゃんと、煎餅汁、りんご、ゴボウの折紙作品です。冬の雪国ならではの、子どもの姿を制作してみました。
 
雪んこ.jpg
折り紙作品  雪んこキユーピー・煎餅汁・リンゴ・ゴボウ

煎餅汁(せんべいじる)
煎餅汁には、ふつうの南部煎餅(せんべい)ではなく、かやき煎餅 (おつゆ煎餅・鍋用煎餅)を入れます。鍋は醤油味が一般的で、鶏肉やゴボウ、 きのこ、ネギなどを入れます。南部煎餅は小麦粉が原料で、煎餅汁に入れると、すいとんのような歯ごたえになるそうです。南部煎餅は八戸 (はちのへ)の藩主・南部氏の時代から広まったと言われています。

せんべい汁.jpg
煎餅汁
http://www.iwate-ginpla.net/tokusan/nousan/post-29.html より

南部 せんべい.jpg
南部せんべい
http://www.hachinohetoyo.jp/items/senbei001.html より

リンゴ
バラ科リンゴ属のリンゴは、カザフたんが原産地で、ヨーロッパやアジ アを経て、日本に入ってきたと言われています。国内のリンゴの生産量の約半分は、青森県が占めてい ます。リンゴにはビタミンC・ミネラル・カリウム・食物繊維などが、豊富に含まれています。「一日一個のリンゴで医者いらず」ということわざもあります。

rinngo.jpg


ゴボウ
キク科のゴボウはユーラシア大陸が原産と言われ、日本では江戸から明 治時代にかけて、食用として 広まりました。旬は初冬で、天ぷら、かき揚げ、サ ラダなどにして、おいしくいただけます。食物繊維が豊富なゴボウは便秘に有効で、利尿作用や血液浄化などに も、効果があるとされています。
gobou.jpg


きりたんぽや煎餅など保存食を使った、雪国ならではの郷土料理。心も おなかもポカポカあたままるお鍋で、寒い地方の子どもたちは、長い冬の間も元気いっぱい。
下の写真は、秋田県横手市のかまくらの風景です。

kamakura.jpg
かまくらと子どもたち
http://yokomeshi.exblog.jp/15075113 より

 

 ●お正月のキユーピーちゃんはこちら→

 ●冬のキユーピーちゃんはこちら→

 ●春のキユーピーちゃんはこちら→

 ●夏のキユーピーちゃんはこちら→

 ●秋のキユーピーちゃんはこちら→

 ●2月・3月の受験シーズンと卒業シーズンの
キユーピーちゃんはこちら→

●春2のキユーピーちゃんはこちら→

●夏2のキユーピーちゃんはこちら→

●秋2のキユーピーちゃんはこちら→ 

 

 

▲このページのトップに戻る