箸袋の折り紙作品 「おりがみ亭」

溝端(みぞばた)紙工印刷株式会社様からのご依頼で、「おりがみ亭」という作品を制作しました。「おりがみ亭」は、5枚の箸袋をひろげて、日本の伝統的な和食が折れるという、大変ユニークな割り箸のセットです。

溝端紙工印刷様は、「日本のすばらしい食文化を世界へ」というコンセプトで、箸袋・おしぼり・茶殻ナプキン天ぷら敷紙等の食関係の製品以外にも、 様々な商品を製造販売しています。

溝端紙工印刷様のホームページはこちらから→ 

寿司と天ざるの、二種類の「おりがみ亭」をご紹介します。
hashibukuro2.jpg
裏面拡大→
 hashibukuro 1.jpg
hashibukuro1.jpg
裏面拡大→
hashibukuro 2.jpg


それぞれの箸袋を開いた紙で、寿司や天ざるの折り紙作品ができあがります。

すし完成.jpg 
  「おりがみ亭」 寿司

天ざる完成.jpg

 「おりがみ亭」 天ざる
 
「おりがみ亭」は、ネット通販店「きんだいネットショップ」  http://ww.kindainet.jp/SHOP/DAW-origamitei.html にて、税込648円でご購入いただけます。

 
折り紙作家・西田良子の「おいしく折ろう 食育おりがみ」(全国学校 給食様刊)の単行本には、天ぷら・寿司・釜めし・天丼・恵方巻等、和食の折り紙作品が 多数収録されています。今回の「おりがみ亭」の作品創りには、単行本制作での経験が、とてもいかされました。

「おいしく折ろう 食育おりがみ」はこちらから→

溝端紙工印刷様との「おりがみ亭」のお仕事は、世界に誇る日本の「和食」 という観点から、また日本の食文化・「お箸」の素晴らしさという観点からも、大変有意義なものとなりました。
世界に誇る伝統の和食・SUSHI を折る

現代では、SUSHIは世界の共通語です。海外の方にも、ヘルシー な和食の代表・SUSHIのファンは、とても多いようです。

色や模様、折り線、折り図(折り方の説明図)等が印刷された、三つ折りにしてある箸袋を、下のようにひろげます。たとえば、お茶を入れた湯のみを折る場合は、左の四角い青い紙の部分を切り取って、折っていきます。

5枚の箸袋に印刷してある折り図の部分は、商品につき、詳しく見えないように、配慮してご紹介しています。

下の5枚の紙はすべて、三つ折りにし、割りばしの入る下の部分を後ろに折り上げたものを、広げています。
それぞれの紙のどの部分に、折り紙として使うスペースをレイアウトするか、折り図をどのように入れるか等、細心の注意を払って製作しました。特に、おりがみ亭という文字と完成作品が、商品としてわかりやすくきれいに見れるよう、気をつけました。

 hashibukuro 1.jpg
 hashibukuro 2.jpg

シート1.jpg
すし2.jpg

 すし3.jpg
 
木の台を折った後、その上にお寿司を乗せていきます。 握り寿司は、いか・まぐろ・卵・えびの4種類、巻き寿司は、鉄火・きゅうり・かんぴょうの3種類です。華やかな色どりがほしくて、お寿司以外に緑色のバランも創ってみました。お寿司は、足がついた台の上に、立てて飾ることができます。

お寿司が折りあがったら、お箸と箸置きを折り、湯のみやお醤油の小皿を折って、出来上がりです。
 
1完成s.jpg
 

海外からの観光客に大人気・SOBA&TEMPURA を折る 

日本人はお蕎麦が大好きですが、海外から来日した方々にも、 SOBAは大人気だそうです。ざるそばと、天ぷらをセットにした、「天ざる」も制作しました。 

天ざるー1.jpg

天ざるー2.jpg
天ざるー3.jpg
 
お蕎麦を乗せるざるを、きれいな朱色にしたりと、あまり渋くなりすぎない、華やかな和テイストにこだわって製作しました。器はすべて青系で揃え、箸置きは、さわやかな緑色の葉っぱにしました。

お蕎麦や天ぷらを折ったら、麺つゆの器や、薬味の小皿、箸・箸置きなども折って、出来上がり。

2完成s.jpg

NHKの番組で、「おりがみ亭」が紹介される 

2016年2月19日NHKニュース「おはよう日本」まちかど情報室(NHK総合・全国放送)で、「おりがみ亭」が紹介されました。箸袋で日本の伝統食を折るという点が、ユニークで面白いと評価してくださったようで、とても嬉しく思いました。

番組では、5人の子どもたちが、楽しいホームパーティの食事の後、割り箸の袋を一斉に取り出す映像が流れました。そして、5人が各自の箸袋を使い、それぞれ、ざるそば、そばつゆ、えびの天ぷら、天つゆ、箸を折り、全員で折り上げた作品をテーブルに並べると、おいしそうな天ざるセットのできあがり!

折り紙の箸で、折り紙のエビ天をはさんで食べるまねをするなど、楽しそうに遊ぶ子どもたちのようすも放映されました。

「おりがみ亭」は、子どもにも簡単に折れる作品なので、その場で手早く折って楽しめます。

 
外国からのお客様に、日本の食文化をPR

来る2020年には、いよいよ東京でオリンピックが開催されます。 きっと海外からの観光客が、大いに増えることでしょう。日本人の食に対する美意識や、おもてなしの心が反映された、ヘルシーな和食は、大注目されるに違いありません。

「おりがみ亭」の英語バージョンも販売され、海外の方々にも楽しんでいただけたら・・・そんな期待と夢を持っています。「おりがみ亭」は、日本からのお土産にぴったりだと思いませんか。

箸袋を使って伝統の和食を折る、ユニークな「おりがみ亭」を、よろしくおねがいします。
 
osushi1.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140989757988717801 より


ten zaru1.jpg
http://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=20013012858&GroupCD=0&no= より

susi.jpg
http://world-conect.com/ny-sushi より
 
 
 
 
 
 
 
▲このページのトップに戻る